ピラティスのエクササイズ基礎編②

カールアップ

ピラティスのエクササイズのカールアップを行っているインストラクター

カールアップはサービカルノットの延長線上のエクササイズです。

サービカルノットのやり方は以前違うブログに書いたので、そちらもチェックしてみてください☺

ピラティスの基礎のエクササイズになりますので、しっかりできるようにしていきましょう!

カールアップの効果

腹筋の強化

仰向けから上半身を持ち上げる動きのため、腹筋の強化に繋がります!

脊柱の柔軟性向上

仰向けから頭を上げると、背中側(背骨側)はストレッチされる効果があります!

また、背骨を丁寧にひとつづつ動かすことで、脊柱の柔軟性が増していきます。

後頭部のストレッチ効果

サービカルノットの効果と同じように、後頭下筋群をはじめとする後頭部の筋肉がストレッチされます。

カールアップのやり方

①仰向けのニュートラルポジションをとります

②サービカルノットで頷きます

③背骨を一つずつ床からはがし、上半身を持ち上げます

*ニュートラルポジションが保てる範囲で動きましょう!

肩甲骨の下角(肩甲骨の下あたり)まで持ち上げられるとベストです!

また、腹直筋ではなく、腹斜筋や骨盤底筋群などを使う感覚があると良いです!

カールアップをするときの起きやすいエラー

顎が上がる

腹筋が上手く使えず、首で頑張って起き上がろうとしてしまう方がいます。

そうすると顎が上がり、首がとても辛くなってしまうので気を付けましょう⚠

顎の下にこぶしが一つ入るくらいのスペースがあるのが理想です!

骨盤の角度

上半身を持ち上げる際に、骨盤が丸まったり、反ったりしてしまう方がいます。

なるべくニュートラルポジションをキープしながら行いましょう!

肩が内巻きになる

大胸筋などの前側にある筋肉の硬さから、上半身を持ち上げるときに、肩が入ってしまう方がいます。

鎖骨を長くするイメージで肩を開いて行いましょう!

まとめ

エクササイズを行う際、どこの筋肉を使っているのか意識して行いましょう!

また、背骨の動きなどはイメージがとても大切です!

イメージをしながら行いましょう!

動画も張り付けておきますので、参考にしてみてください♪

カールアップを使ったエクササイズはたくさんありますので、出来るようになるとエクササイズの幅が広がります♪

繰り返し練習してみてください!

レッスンのご予約やお問い合わせはメールかLINEにて承っております✉

お気軽にご連絡ください♪

いつもBlogをご覧いただきありがとうございます。

Official LINEでは、健康や美容に関する情報を随時発信しています♪

よろしければご登録ください!

    お名前(必須)

    ふりがな(必須)

    メールアドレス(必須)

    御社名(必須)

    電話番号(必須)

    お問い合わせ内容(必須)

    確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますがよろしいですか?(必須)
    はい

    Follow me!

    投稿者プロフィール

    Kanako
    Kanako美容整体ピラティスインストラクター