身体をコントロールするって?

身体をコントロールするってどういうこと?

考えている女性

脳の分布を表した図

身体は「脳」からの指令により動いています。

眼や耳、鼻といった感覚器官をちゃんと使うことが出来るのは脳がコントロールしているからです。

そして、身体を動かしたり外界からの刺激から身体を守ったりして、健康を保てるのも脳の指令のおかげです。

つまり、脳は司令塔なのです!

脳は大きく分けて大脳、小脳、脳幹の3つに分けられ、それぞれ役割があります。

大脳

大脳は、人間の脳で最も発達した部分で、主に外側の大脳皮質、下側の大脳辺縁系、内側の大脳基底核に分けられます。

それぞれ役割は違いますが、感覚や思考を司るほか、情報を識別して運動の命令を出す役割をしています。

小脳

小脳は平衡感覚を司っています。

また、大脳皮質からの運動の指令と、実際の身体の動きの差を埋める調整する役割があり、運動調節機能を担当しています。

脳幹

脳幹は間脳、中脳、橋および延髄からなっています。

呼吸や、心臓などを司っているほか、消化器系などの内臓機能を司っています。

また、体温の調整なども行っています。

身体をコントロールするには

男性がコントロールしている様子

身体をコントロールするには、正しい身体の使い方を脳が学習する必要があります。

普段の姿勢が悪かったり動く習慣がないと、「脳」は身体の使い方を忘れてしまいます。

まずは自分の普段の身体の使い方を知り、その上で正しい身体の使い方をに学習させるのです。

一度脳が使い方を理解したら、あとは繰り返し使い方をトレーニングしていきます。

最初は難しいと感じるかもしれません。

だって脳が使い方を忘れているから・・・!

でも繰り返していくことで、「面白い!」や「すっきりする!」に変わっていくはず!

ピラティス

ピラティスのエクササイズであるシングルレッグストレッチをしているインストラクター

ピラティスは身体をコントロール運動です。

身体をコントロールするするのって、そんなに簡単ではありません!

ピラティスは10回で気分が良くなり、20回で見た目が変わり、30回で新しい身体に生まれ変わると言われます。

つまり継続が大切ということです!

やっていけば必ず身体は応えてくれます!

いつからだって遅くないから、今から始めましょう!

ご予約やお問い合わせはメールかLINEにて承っております✉

お気軽にご連絡ください♪

≪参考文献≫

1)よくわかる最新「脳」の基本としくみ:脳のメカニズムを図解する!脳の不思議 後藤和宏 著

2)脳(脳幹・大脳・小脳)のしくみや働きがすぐわかる!高次脳機能障害の全て

いつもBlogをご覧いただきありがとうございます。

Official LINEでは、健康や美容に関する情報を随時発信しています♪

よろしければご登録ください!

    お名前(必須)

    ふりがな(必須)

    メールアドレス(必須)

    御社名(必須)

    電話番号(必須)

    お問い合わせ内容(必須)

    確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますがよろしいですか?(必須)
    はい

    Follow me!

    投稿者プロフィール

    Kanako
    Kanako美容整体ピラティスインストラクター