ダイエットの食事法

ダイエット食事法、それであってる?

ダイエットのための食事の写真

ダイエットに関する情報や方法はたくさんありますが、みなさんがやっている食事制限、それで合ってますか?

カロリーを気にしよう!糖質制限をしよう!脂質を摂ってはいけない!

などいろいろありますよね💡

時代によって言っていることや立証されていることも違います!

現代の医学で立証され、推奨されているものは「糖質制限」です💡

糖質ってとりすぎるとどうなるの?

糖質は3大栄養素の1つです💡

糖質はエネルギー源になりますが、摂りすぎるとブドウ糖が中性脂肪に変わり、体脂肪として蓄積されてしまいます💦

そのほか、一時的な下痢を引き起こしてしまったり、血糖値の上昇により、糖尿病を始めとする色々な病気の原因になってしまいます。

また、高血糖状態は、身体の糖化(焦げる)に繋がり肌などの老化原因にもなってしまいます💦

過度な糖質制限は注意⚠

糖質制限といっても、過度な制限には注意しましょう⚠

糖質はエネルギーの源ですので、完全に断つことはやめましょう!

少し前に糖質完全OFFのダイエットが流行りましたが、2.3か月続けている方の顔色の悪さに愕然としたことを覚えています💦

最近では極度な糖質制限ではなく、ゆるやかな糖質制限「ロカボ」が主流になってきています✨

糖質の摂り方

糖質は質よりも量を気を付けよう!

1食20g~40g以下 

間食で10gまで

1日で70g~130g以下

間食を入れることで、食事の楽しさを忘れずに無理なく行えると思います☺

また、いきなりこの量にはできないという方は、今までよりも量を減らすだけでもゆるやかに効果が出てくるはずです!

無理なく行っていきましょう!

量が少なくできないときは質を考えよう!

GI値って知っていますか?

糖の吸収度合を示すものです。

糖が吸収されやすく、食後の血糖値が上がりやすい食べ物を高GI、ゆるやかに上がる食べ物を低GIと表現されています。

この低GIの食品を選ぶことで、糖の吸収をゆるやかに保つことが出来ます!

量を気にすることができないときはこの低GIの食品を選ぶようにしましょう!

食事の一番最後に糖質を摂ろう!

お腹が空いているときに、最初に口にするものは吸収率がとても良くなります!

ですので、まずは野菜や、肉・魚などのたんぱく質を先に食べましょう!

これらはどちらを先に食べてもあまり差はなので、糖質を最後にすることを意識しましょう💡

ダイエットのためのイチゴの写真

高GIの食べ物

白米や白砂糖など白いものには注意⚠

その他、パンやジャガイモやにんじん、練乳など

低GIの食べ物

大豆や蕎麦、果物やさつまいも など

*果物は低GI食品ですが、食べ過ぎると、内臓脂肪の蓄積や脂肪肝、インスリンによる血糖低下作用に対する抵抗力が高まってしまうので、食べ過ぎは注意です!

なんでも食べ過ぎるのはよくないですね👍

リバウンドをしないためにも無理なく行うことが大切です👌

毎日の食事の意識を少し変え、継続的に行っていきましょう!

ダイエットや体の使い方についてのアドバイスが欲しい方は、メールにてご相談を承っています✨

お気軽にご連絡ください✨

メールアドレス:beauty.health.ciel@gmail.com

≪参考文献≫

1)適正な糖質摂取についての考察  山田 悟 北里研究所病院 糖尿病センター

2)

いつもBlogをご覧いただきありがとうございます。

Official LINEでは、健康や美容に関する情報を随時発信しています♪

よろしければご登録ください!

    お名前(必須)

    ふりがな(必須)

    メールアドレス(必須)

    御社名(必須)

    電話番号(必須)

    お問い合わせ内容(必須)

    確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますがよろしいですか?(必須)
    はい

    Follow me!

    投稿者プロフィール

    Kanako
    Kanako美容整体ピラティスインストラクター

    次の記事

    骨格整体