ピラティスの基本のエクササイズ『レックサークルズ』(股関節の強化、柔軟性向上)

レッグサークルズ

レッグサークルズというピラティスのエクササイズをしているインストラクター

効果

股関節の強化・柔軟性向上

股関節をしっかりと使えるようにするエクササイズです!

柔軟性向上にも強化にも繋がります♪

姿勢改善

多くの不良姿勢の方が股関節をうまく使えていません。

特に「反り腰」や「スウェイバック」などの姿勢の方は股関節をしっかりと使えるようにすることが大切です。

やり方

①仰向けのニュートラルポジションをとる

②足幅をマット幅くらいに広げる

③骨盤の角度が床と平行をキープしたまま右の股関節を曲げる(右足をUP)

④股関節を外旋(外にねじる)する。ひざ下は力を抜き内側に入れた状態。

この時膝が痛い方などは右膝を伸ばした状態でもOK!

⑤左手で左の骨盤の前側をタッチし、右手で右の膝をタッチする

⑥股関節を回す

呼吸とともにゆっくり回そう!

ポイント

骨盤がグラグラしない程度に動かそう

股関節を回すときに骨盤がグラグラしがちです。

骨盤がグラグラしない程度の小さな円(ピンポン玉くらい)で動かしましょう!

下っ腹を使おう

常に下っ腹をへこませ使うことで、骨盤が安定しやすくなります。

足を動かしているときも下っ腹を使っている感覚を持ちましょう!

前モモが辛くなる人はお腹が使えていない可能性が高いので、より下っ腹をへっこませる意識を持とう!

膝ではなく股関節を動かすイメージを持とう

足を回すときに膝ではなく、足の付け根から動かすイメージを持ちましょう!

インナーマッスルは見えないのでイメージをすることがとても大切です!

イメージができない人は、脳が股関節の使い方を忘れてしまっている証拠!

やっていればだんだんとイメージできるようになっていきますので、繰り返しやってみてください!

股関節の内側を使っている感覚を持とう

足を動かしているときに、股関節の内側を使っている感覚があるとGOOD!

まとめ

膝ではなく足の付け根から動かすイメージで繰り返しやってみてください!

吸って半周、吐いて半周のように呼吸に合わせてゆっくりと行ってみてください!

股関節が上手く使えるようになると、姿勢が正しやすく、腰痛改善にも繋がります。

とっても大切なエクササイズですので、繰り返し練習してみてくださいね!

動画も張り付けておきますので、参考にしてみてください!

また、レッスンでも分かりやすく行っておりますので、

よりしっかりやりたい!自分のカラダに合わせたエクササイズがしたい!というかたはピラティス整体がおススメです♪

地味なエクササイズですが、とっても大切ですのでしっかりと出来るようにしてきれいな姿勢を手に入れましょう♪

いつもBlogをご覧いただきありがとうございます。

Official LINEでは、健康や美容に関する情報を随時発信しています♪

よろしければご登録ください!

    お名前(必須)

    ふりがな(必須)

    メールアドレス(必須)

    御社名(必須)

    電話番号(必須)

    お問い合わせ内容(必須)

    確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますがよろしいですか?(必須)
    はい

    Follow me!