ヨガとピラティスの違い①

ヨガマットとピラティスボール

ヨガ

夕暮れ時にヨガを行っている女性

ヨガの根本的な考え方

ヨガは、古代インド発祥の伝統的なもので、瞑想を主としています。

「ヨガ」とは、サンスクリット語で「つながり」を意味しています。

呼吸や姿勢、瞑想を組み合わせることで、心と身体、魂が繋げていきます。

ヨガの呼吸

・鼻から吸い、鼻から吐く

・腹式呼吸(胸式呼吸やウジャイ呼吸、方鼻呼吸など様々な

・胸式呼吸

・ウジャイ呼吸

・片鼻呼吸

・シータリー呼吸

・カパラバディ呼吸

など様々な呼吸法があります。

ピラティス

ティーザーというピラティスのエクササイズをしているインストラクター

ピラティスの根本的な考え方

ジョセフ・H・ピラティス氏によって生まれたコントロロジーという理論から生まれた運動方法。

第一次世界大戦中にけがをした兵士たちのリハビリテーションとして行った運動指導が基になっています。

身体の構造を理解し、それをコントロールすることで、身体が正しく使えるようになるという考え方です。

ピラティスの呼吸

・胸式呼吸

・体幹を安定させて行う

・鼻から吸い、口から吐く

・吸う時間と吐く時間が同じ長さ

まとめ

ヨガとピラティスはよく間違われたり、違いが分からないという方が多くいます。

似ている部分もありますが、実際やってみると身体へのアプローチの仕方は結構違います。

どちらも違ってどちらもいい。

いろんな角度から身体にアプローチし、自分に合ったものを見つけていきましょう!

次回はヨガとピラティスの違いを違う角度からお伝えしていきますね♪

ピラティスのレッスンのご予約やお問い合わせはメールかLINEにて承っております✉

お気軽にご連絡ください♪

いつもBlogをご覧いただきありがとうございます。

Official LINEでは、健康や美容に関する情報を随時発信しています♪

よろしければご登録ください!

    お名前(必須)

    ふりがな(必須)

    メールアドレス(必須)

    御社名(必須)

    電話番号(必須)

    お問い合わせ内容(必須)

    確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますがよろしいですか?(必須)
    はい

    Follow me!