放置しないで!O脚は整体とピラティスで改善しよう!

ピラティス整体師のKANAKOです!

O脚でお悩みの人は多いのではないでしょうか?

O脚とは、「両ひざが外側に湾曲し、左右の内くるぶしを揃えたときにひざの打合が接しない状態」です。

O脚を放置していると、見た目だけでなく膝の痛みや腰痛などにも繋がってしまうので、放っておくのは危険です。

そしてO脚には色んな種類があることを知っていましたか?

まずは自分がどのパターンのO脚なのかを知ることから始めましょう!

知ることができたら、改善への第一歩です!

O脚の種類

股関節のO脚

股関節のO脚の図

内ももと膝が離れているO脚で、股関節が外に開いているものです。

股関節が外に開くと、膝下や足底のバランスも崩れ、外側に重心が乗りやすくなってしまいます。

内旋を伴うO脚

内旋を伴うO脚を表した図

上のO脚のように太ももと膝の間に隙間があるものですが、膝の向きが内側を向いている状態です。

股関節が内旋していることで、O脚に繋がりやすく、膝が伸びすぎている状態(過伸展)を伴うことが多いです。

膝下も外に張り出し、重心は外に乗りやすくなります。

ひざ下O脚

ひざ下O脚を表した図

太ももと膝はくっついているが、ひざ下に隙間が空いているO脚です。

ひざ下のねじれが大きく影響していて、重心も外側に乗りやすいです。

XO脚

XO脚を表した図

太ももに隙間があり膝が内側を向いている場合が多い。

膝はくっついているけど、ひざ下に隙間が空いているO脚です。

X脚

X脚を表した図

太ももの間に隙間があり、膝が内側を向きます。

さらにひざ下が「ハ」の字になっている状態です。

足裏は内側に体重が乗りやすくなります。

O脚の原因となる生活習慣

足を組む

足を組んだ時の姿勢の崩れを表した図

足を組むことで骨盤が歪み、それにより股関節などの足や上半身などの歪みにも繋がります。

左右同じくらいの頻度で足を組めばいいのではないか、という人がいますが、足を組む時点で骨盤が歪んでいる可能性が・・・。

足は組まないように気を付けましょう。

歩き方

スニーカーを履いて歩いている男性

歩き方でもO脚になりやすい歩き方があります。

靴の底を見てみてください。

外側が減っていませんか?

減っているという方は重心が外に乗りやすく、O脚の可能性が高いです。

不良姿勢

寒そうに猫背になっている女性

日々の立ち方や座り方などからくる不良姿勢でもO脚へと繋がってしまうことがあります。

運動不足

運動不足の男性

運動不足による筋力の低下もO脚の原因へと繋がりやすくなります。

適度な運動で、筋力を保っていきましょう。

病的原因

生活習慣の原因以外では、骨の発育や形成不全、靭帯の損傷、怪我などが挙げられます。

O脚の改善方法

O脚は骨の歪みや筋力不足によって起こるため、そのどちらともを良くすることで改善へと繋がっていきます。

ホームケアでよくする方法などの動画も多いですが、整体で骨格を調整することも改善方法の一つです。

また、それだけでは中々改善が難しいため、トレーニングも一緒に行いましょう!

美容整体サロンCielでは、整体×ピラティスでO脚改善を行っています。

整体で骨格の歪みを整え、ピラティスで正しく必要な筋肉をつけることで、O脚改善へと導いていきます。

残念なことに、加齢とともに改善しづらくなってしまうので、気になっている方は早めに行動しましょう!

いつもBlogをご覧いただきありがとうございます。

Official LINEでは、健康や美容に関する情報を随時発信しています♪

よろしければご登録ください!

    お名前(必須)

    ふりがな(必須)

    メールアドレス(必須)

    御社名(必須)

    電話番号(必須)

    お問い合わせ内容(必須)

    確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますがよろしいですか?(必須)
    はい

    Follow me!