ピラティスのエクササイズ基礎編

サービカルノット

ピラティスのエクササイズのサービカルノットを行っているインストラクター

サービカルとは「頸椎」、ノットとは「うなづく」という意味です。

頚椎は7個あり、一番上の第1頚椎は耳の穴の辺りからついています。

余談ですが、実はキリンの頚椎も7個なんです!!

首が長いからと言って骨が多いわけではないんですね~!

サービカルノットは頚椎を動かしていくエクササイズです♪

とくに上部頚椎といわれる1番目と2番目の骨を動かしていきます!

サービカルノットの効果

第1.2頚椎は頭を支えている骨で、後頭部辺りに位置します。

第1.2頚椎にはたくさんの筋肉がついています。

これらの骨が動くことで、後頭下筋群という深部の筋肉をはじめ、そこについているたくさんの筋肉がほぐれる、血流や神経の通りの改善が期待できます。

こんな人におススメ

猫背の男性を横からみた図

猫背

猫背になり肩が内巻きになると、頭が身体の前に出てきます。

すると顎が上がり、後頭部が縮こまってしまうんですね!

そうすると、第1.2頚椎が圧迫されてしまいます。

サービカルノットを行うことで、頭の位置が身体の上に戻りやすくなります。

首こり肩こり

首肩の筋肉は第1.2頚椎についているものがたくさんあります!

よって顎が上がり第1.2頚椎が圧迫されると、首肩の凝りにも繋がっていってしまいます。

頭痛

第1.2頚椎付近にはたくさんの神経が通っているため、それらが圧迫されることで頭痛に繋がっている方もいます。

これらの骨が動き、神経圧迫の改善が改善されることにより、頭痛の解消が期待できます!

やり方

①仰向けのニュートラルポジションをとります

②背筋を長く伸ばします。

③耳を軸に鼻の頭で数字の「1」を描くように頷きます。

後頭部が伸びている感覚をもてると良いと思います!

呼吸に合わせて行っていきましょう!

ニュートラルポジションが崩れないように気を付けましょう!

動画を載せておきますので、参考にしてみてください!

まとめ

デスクワークの方や、スマホを良くいじる方など、サービカルノットが必要な方はとっても多いです!

サービカルノットが出来ると、ピラティスのエクササイズの幅がとても広がりますので、

繰り返し行ってみてください!

レッスンのご予約やお問い合わせはメールかLINEにて承っております✉

お気軽にご連絡ください♪

いつもBlogをご覧いただきありがとうございます。

Official LINEでは、健康や美容に関する情報を随時発信しています♪

よろしければご登録ください!

    お名前(必須)

    ふりがな(必須)

    メールアドレス(必須)

    御社名(必須)

    電話番号(必須)

    お問い合わせ内容(必須)

    確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますがよろしいですか?(必須)
    はい

    Follow me!

    投稿者プロフィール

    Kanako
    Kanako美容整体ピラティスインストラクター