ピラティスの基本エクササイズ『シングルレッグストレッチ』(腹筋強化)

シングルレッグストレッチ

シングルレッグストレッチというピラティスのエクササイズをしているインストラクター

効果

腹筋強化

腹筋をしっかりと使い、上半身を起き上がらせます。

とくに脇腹(腹斜筋)を使う意識を持つようにしましょう!

股関節の強化、柔軟性向上

股関節を曲げたり伸ばしたりするエクササイズですので、股関節周辺の筋力強化や柔軟性向上に繋がります。

姿勢改善

腹筋や股関節を使うことにより姿勢改善に繋がります。

とくにスウェイバック姿勢は股関節が上手く使えていない代表的な不良姿勢ですので、スウェイバックの方は是非やってみてください!

やり方

①ニュートラルポジションからテーブルトップポジションをとる

(ニュートラルポジションから股関節を90度曲げた状態)

*テーブルトップポジションが出来ない方はこちらを先に練習してみてください

②カールアップをする(頭から背骨を一つずつ持ち上げた状態)

*カールアップのやり方が分からない方はこちらを先にチェックしてみてください

③テーブルトップポジション+カールアップをした状態から、左足を遠くに伸ばし、両手で右の脛をタッチする

④呼吸とともに足を入れ替える(右足を遠くに伸ばし、左股関節を曲げる)

⑤呼吸とともに繰り返す

ポイント

両手で脛をタッチする

両手で脛をタッチすることで、ひざ下が内側に入ったり外側に出たりしないようになります。

膝とつま先が同直線状にくるようにしましょう!

足の付け根から動かす意識を持とう!

足を動かすときに膝に意識がいきがちですが、足の付け根(股関節)から動かすようにしましょう!

前モモが辛くなったら膝に意識がいっている証拠です!ご注意を!

腹筋を使っている感覚を持とう

カールアップをするときに腹筋が使えないと首が辛くなってしまいます。

上半身を起き上がらせるときに腹筋(特に腹斜筋:脇腹)を使う意識を持ちましょう!

骨盤の角度に注意を!

エクササイズ中、骨盤が丸まったり、逆に反ってしまいがちです。

基本のニュートラルポジションをなるべくキープし、キープできる範囲で行っていきましょう!

まとめ

足の付け根から動かす意識と、腹筋を使う意識を持ちながら行いましょう!

意識するところがたくさんあるので、まずはテーブルトップポジション、カールアップなど一つずつできるようにしていきましょう!

動画も張り付けておきますので、参考にしてみてください!

また、レッスンでもその方の癖を把握しながら、分かりやすく丁寧に行っています!

よりしっかりとやりたい!という方は、『ピラティス整体』を受けてみてください!

丁寧に繰り返し練習してみてください!

いつもBlogをご覧いただきありがとうございます。

Official LINEでは、健康や美容に関する情報を随時発信しています♪

よろしければご登録ください!

    お名前(必須)

    ふりがな(必須)

    メールアドレス(必須)

    御社名(必須)

    電話番号(必須)

    お問い合わせ内容(必須)

    確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますがよろしいですか?(必須)
    はい

    Follow me!